2008年03月18日

ありったけの手遅れを手に僕は・・・僕は・・・っ

子どもの頃には将来なりたいものがありました。ありました?あったのでしょうか。よくわかりません。
あったらいいなとは思いますが、実際のところ無くてもどうにか成るのではないでしょうか。
むしろそんなもの、無い方が世のためになるのではないでしょうか。
とどまるところを知らない政治腐敗、石油高騰、円高ドル安。
そう、未然に防げたはずです。
でも本当はどうなんでしょうか。防げたんでしょうか。不思議です。
世の中には不思議が一杯。
不思議という事はつまり不思議であって不思議ではないという事もまた不思議でありそもそもじゃぁ不思議ってなに!?なんなのよ!と不思議に思うのもまた致し方の無い事だと思うあたり世界はこんなにも不思議に満ちている僕らはこの世界を守らなくちゃいけないなんて不思議な思いもまた同時に押し寄せてきたりした日には不思議の大安売り。
今日は不思議が安いです。
posted by 偽善大使 at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚肉語り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。